引越しの荷造り

引越しにかかる各種手続きも終わり、
次に引越し当日までに
しなければならない作業が荷造りです。



明日でもいいやと過ごしていると
「アッ!」と言う間に引越し当日になってしまいます。
効率良くテキパキこなしてまいりましょう。




○荷造り前に知っておくべき事

荷造りを始める順番として、
最初に梱包するものは普段は使わない物からにします。



押入れなどにある物から梱包し、
空いたスペースに梱包したダンボールを入れます。



そうすることで、部屋を広く使うことができます。



引越し先の部屋数や広さがわかっている場合には、
各部屋に番号を振り、搬入するダンボールに
部屋の番号を書いておくと荷解きの時が楽になります。



番号はダンボールの上部と側面に書きましょう。
これは、ダンボールを積み上げた状態でも分かる為です。



食器などの割れ物を入れた
ダンボールには「ワレモノ」と書いておきましょう。



業者の方も割れ物が入っていると分かれば
慎重に運んでもらえます。



重い物(本・食器等)は小さいダンボールへ、
軽い物(衣類・タオル等)は
大きいダンボールへ入れましょう。



重い物を大きいダンボールへ入れたら持ち運びが大変です。



最低限必要な物(現金・各種必要な書類・転居先の鍵等)は、
一つにまとめてカバン等に入れて保管しておきましょう。




○荷造り前日までに

引越し当日の朝まで使う物以外は全て梱包を済ませ、
引越しは、かなりハードな作業ですので
引越し前日はなるべく体を休める状態にしておきましょう。



冷蔵庫は前日の夜までに
中身を空にし、電源を切っておきます。



最低限必要な物
(現金・各種必要な書類・転居先の鍵等)をチェックします。
間違って梱包していたら探すのが大変です。




○引っ越し当日の朝

引越し前夜に使った布団を袋へ入れます。



ここで大きな勘違いをされる方が多いので
注意しておきますが、
間違っても布団をクッション代わりにして、
布団の中に割れ物を挟み込んで入れないようにしましょう。



理由は、布団がクッションになるどころか
布団の重みや圧力で
割れてしまう可能性が大きいからです。



転居先で最初に使う物は、
分かりやすく目立つようにしておきます。



荷解きで使う物
⇒カッター・はさみ・ドライバー等
工具類や軍手(滑り止めつき)雑巾など。



生活必需品
⇒トイレットペーパー・ごみ袋・ティッシュ等。



最後に各部屋・忘れ物等がないか最終チェックをします。

何もなければ後は引越し業者が来るのを待つだけです。



いよいよ引っ越しスタートです!


スポンサード リンク

引越し業者の選び方
引越し業者の選び方
引越し業者の重要性
引越しの手順
引越しの手順
引越しの荷造り
引越し当日
不動産会社の選び方
不動産会社の選び方
引越しのお部屋探し
引越しの各種手続き
引越しの各種手続き
引越し後の手続き

スポンサード リンク

引越し業者の選び方としては、
料金と信頼性に重点を置いた業者選びをしましょう。