引越しの各種手続き

引越し業者の手配も終え、
次に手をつけるのは各種手続きです。



引越しの際の手続きは沢山あり大変ですが、
そんなことを言っている暇はありません。



出来ることから順序良く進めていきましょう。




〜引っ越し前の手続き一覧〜



○退去通知

管理会社・家主へ退去日一ヶ月以上前に連絡しましょう。



○住民登録(転出届)

現住所の役所へ。
必要な書類は、転居届用紙・届出人印鑑
・国民健康保険証の3つです。

転出証明書が発行されるので、大切に保管しておきましょう。
印鑑登録は自動的に抹消されます。



○国民年金住所変更

現住所の役所へ。
必要な書類は、国民年金手帳・転出証明書・印鑑の3つです。



○国民健康保険

現住所の役所へ。
必要な書類は、国民健康保険証・転出証明書・印鑑の3つです。



○郵便物転送依頼

現管轄の郵便局へ。
必要な書類は、転居届け(はがき)・印鑑の2つです。

記入後押印し、窓口へ出すかポストに投函します。
手続日から1年間は、旧住所への郵便物が新居へ転送されます。



○電話移転届

116へ電話しましょう。



○電気・ガス・水道

各営業所へ電話しましょう。

電話をした際、領収書に書かれてある
お客様番号を聞かれるので、
予め用意してから電話をしましょう。



○保険等の住所変更

代理店へ忘れず連絡しましょう。



○転校手続き

通学されている学校へ。

在学証明・教科書給与証明書を受け取り、
転入先の学校へ提出。



○その他

新聞や生協等と契約していた方は各事業所へ連絡。
新聞など、転居後も継続希望の方はその旨伝えましょう。




以上のような手続きが必要となります。


スポンサード リンク

引越し業者の選び方
引越し業者の選び方
引越し業者の重要性
引越しの手順
引越しの手順
引越しの荷造り
引越し当日
不動産会社の選び方
不動産会社の選び方
引越しのお部屋探し
引越しの各種手続き
引越しの各種手続き
引越し後の手続き

スポンサード リンク

引越し業者の選び方としては、
料金と信頼性に重点を置いた業者選びをしましょう。