引越しとは

引越しと言っても色々あります。



マイホームを建てて新居に引越しする場合や、
ご主人の転勤に伴う引越し。



子供が進学や就職によって県外に行くために
住まいを探しての引越し。



引越しには様々な事情がありますが、
今の時代に一生の間に一度も引越し作業をしない人は
殆ど居ないのではないでしょうか?



幼少時より自宅から通える学校に進学や就職をして
その後は結婚しても同居しながら親の後を継いで家を守るといった
古くからの旧家であったり地主の跡取りの方はありえるでしょうが
多くの方は引越しを経験します。



当サイトでは、多くの方が経験する引越しにテーマを絞り
失敗しない引越し方法をご提供します。



スポンサード リンク

引越しの方法

引越しと一言で言っても
引越しには色んな方法があります。



大きくわけると次の2つです。

1、自分で引越しする。
2、専門の引越業者に依頼する。




1、自分で引越しをする場合

引越しの中でも引越しの荷物が
自分一人で運べる程度の荷物であったり、
引越し先の住まいに家具や電化製品が
備え付けてあるような場合であれば問題ないのですが、
引越し荷物の中に重たい家具や電気製品がある場合は大変です。



知人や友人、親戚などに
力仕事を頼まないといけなくなります。



人にお願いするのって気がひけますし、
喜んでやってくれる方も多くはないでしょうから
引越しする人の人徳や地位が必要ですね。



「引越しするから手伝って」とお願いして
「あなたの為なら頑張るよ」と言われる人間関係が必要ですし、
引越し慣れしている人ってそんなに居ませんので
かなり重労働を頼む事になります。



そして、引越し用の車も必要です。



これも知り合いに頼めれば無料で済みますが、
大きめのトラックを借りる場合は運転等も含めて
家具に傷が付いたりしますので注意しましょう。




2、専門の引越業者に依頼する場合

引越業者、または引越センターに依頼する場合ですが
引越しの種類も色々あります。



その中で最も大事な事が、
キチンと許可を得た運送業者でなければ
引越しに対して対価を支払ってはいけません。



1)一般貨物自動車運送事業



普通の運送会社のことで
殆どの引越業者のこの事業者になります。



様々な条件や届出が必要になりますので
通常は個人経営ではありません。



特徴と見分け方は、ナンバープレートが緑地に白です。




2)貨物軽自動車運送事業



代表的なものが「赤帽」で、
軽自動車を使って比較的小さな荷物を運ぶ
運送業者の事です。



特徴として、軽自動車1台で開業できるため
個人経営の事業者が多いです。



黒地に黄のナンバープレートがついています。




3)貨物利用運送事業



引越予約センターといった名称で
営業している場合が多く、
直接運送手段は持たず主に引越しの仲介をします。



注意すべき点は、保証の有無を確認して
許可の無い業者に頼むのはやめましょう。


スポンサード リンク

引越し業者の選び方
引越し業者の選び方
引越し業者の重要性
引越しの手順
引越しの手順
引越しの荷造り
引越し当日
不動産会社の選び方
不動産会社の選び方
引越しのお部屋探し
引越しの各種手続き
引越しの各種手続き
引越し後の手続き

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

スポンサード リンク

引越し業者の選び方としては、
料金と信頼性に重点を置いた業者選びをしましょう。